家庭菜園(9)

時間がある時だけの家庭菜園(楽しく無理なくやってみよう)

2/23

①今日はボカシ肥料(ボカシ肥料は、数種類の有機質肥料((4種類以上 米ヌカ・油カス・骨紛・魚カスなど)に微生物資材を入れ、総有機質肥料の40%の水で撹拌、40日ほど掛けて麹のように醗酵させたアミノ態肥料のことをいいます)を作る作業を農地の大家さんと農地を借りている仲間たちで作りました(今年は新型コロナウイルス感染対策でマスクを付けての作業で息苦しかった)。1年に1回の行事です。晴れていたので作業も順調の進み午前中で終了しました。

混ぜる作業が大変で交代で混ぜ合わせて、最後は撹拌機で仕上げです。

②ジャガイモを植える土壌を準備しました。昨年までズッキーニ、パプリカ、ピーマン、ししとう、キャベツ、ネギなどを植えていた土壌を掘り起こして土の中へしっかりと空気を送り込みました(ミミズ、ダンゴムシ、ムカデ、(何か)の幼虫などなど・・・いろいろな生き物がいました)。そして、昨年作ったボカシ肥料を混ぜ込み、1週間土壌を寝かせます。

約2時間かかり疲れました。(手作業)シャベルで掘り起こしたので両手にマメができました。2/28は畝作りとマルチ張りの予定です。

③現状

順番に・・・玉ねぎ、スナップエンドウ、茎ブロッコリー、白菜、ニンニク葉、水菜、大根

この畑は有機栽培のみで化学肥料は一切使用していません。それなのに素人の私たちでも、これほど大きく立派な野菜が育ちます。微生物の力はとてもすごい。

次の野菜の栽培に向けてボチボチ収穫して食べています。

 

それにしても久しぶりの肉体労働・・・明日?明後日?体が痛そう・・・。

 

久しぶりの投稿でした。

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です